バスの快適な窓側座席

景色を楽しめるバスの窓側

バスの最上級シートとは

WILLER EXPRESS西日本が東京~大阪間で運行している2階建て夜行バスには、わずか3席のみの最上級シート「エグゼクティブ」が用意されています。3席とも窓側で、航空機のファーストクラスのようなゆったりした座席は最大142度倒れるリクライニング機能に加え、腰を支える中折れ機構を備えた、バスのレベルを超える非常にゆったりとした快適なシートです。シートはカーテンで仕切られプライバシー保護も万全です。各シートにはパソコンや携帯電話の充電が可能な電源コンセント、読書灯、テレビにDVD、ブランケットの貸し出しなどサービスも充実しています。

窓側座席からの眺めも格別のバス

いすゞの夜間高速型バス「ガーラスーパーハイデッカー」は、横3列独立1人掛けのゆったりした座席を設けたハイエンドモデルです。車内空間には、客席を仕切るカーテンや個別の読書灯、トイレ、サービスボックスなど長距離バスの旅を快適に過ごせる設備を備えています。大容量のトランクルームや乗務員用の仮眠スペースも用意されています。スーパーハイデッカーならではの背の高さや面積の広い窓ガラスにより、窓側の座席からの眺めはワンランク上の格別の眺めが楽しめます。また、ブレーキコントロールや坂道発進補助装置などの安全装備も充実しています。

↑PAGE TOP