バスの座席倒して使う

バスの座席倒す際は一言を

バスで座席を倒すときどうするか

バスは全国各地へ気軽に移動できる乗り物として人気があります。最近では車内にさまざまな工夫がされていて、昔のように狭くて疲れるというイメージが一新されており、女性にも使いやすくなっています。そんなバス移動で困ることの1つとして、座席の倒し方があります。席の横のレバーを使って倒すのですが、後ろの席に座っている人に声をかけるかどうか、どこまで倒すかということで迷った経験がある方も多いのではないでしょうか。特に長距離移動の際には、休みやすい姿勢で座りたいので、座席の位置は大事になります。後々トラブルになるのも面倒ですから、やはり席を倒すときはどこまで席を倒していいか、後ろの方に確認しておきましょう。

バスの座席の倒し方は

高速バスや夜行バスなど、長距離の移動の際に、直角に近い状態で長時間座っていることは苦痛を感じるものです。その時には、座席を倒せば楽に座ることができます。座席の倒し方は、リクライニングのスイッチが席の周辺にありますので、それを自分で操作して倒します。スイッチの場所は、シートの足元の端であったり、肘掛けの前や横であったりと、車種によって違います。しかし、シートを倒す際には、後ろの人に迷惑がかからないように、一言添えて許可をもらってから倒すようにしましょう。黙って倒されると不快に感じるものですし、トラブルの元にもなり得ますので注意が必要です。

↑PAGE TOP