バスで酔わないために

バス酔いしない座席選び

バスで酔わないための工夫

バスでの旅行は楽しいものですが、中には車酔いが心配な方もいると思います。そんなあなたにバスで酔わないためのポイントをいくつかお伝えします。まず、座席は窓側で、なるべく前方に座ることです。これは外の風景が見えることと、車両の後方に比べて前方の座席は揺れづらいことからかなり楽になります。次に、空腹も食べすぎも悪影響です。やはり身体的に辛いときは酔いやすくなります。最後に、会話をしたり気分転換をすること。1人では酔ってしまうけど、誰かと楽しく会話をしていたら酔わなかったという経験をされた方も居ると思います。また、休憩の際はなるべく外の空気を吸ったり、体を動かすことで気分転換をすることをお勧めします。

バスの座席で酔わない方法

乗り物酔いをする方にとってバスは特に厄介な強敵ではないでしょうか?そんな方に酔わないための方法を紹介します。まずは座席になるべく座るようにして遠くの風景を眺めることです。これは有名かもしれませんが、座るというのがポイントです。立っていると車内の広告や窓から見下ろす風景など近いものに目が行きがちになり酔います。また、横の風景を見るのがポイントです。電車と違いバスはアップダウンやブレーキなどによる振動のため酔いやすいので、前を見ていると近づいたり遠のいたりする風景が原因で酔います。親指の付け根あたりにあるツボを押すのも手です。じゃんけんの「パー」を作ると親指の付け根が盛り上がりますが、そこが刺激するツボです。そのツボを親指と人差し指で挟み、圧迫していきましょう。

バスの座席についての情報

新着情報

↑PAGE TOP